Tutorial 06

星空の作り方01

このような星空の作り方を紹介します。

  • hatebu
  • twitter
  • facebook
使用エフェクト
制作サイズ
720 x 480px
  • 今回の星空は小さな星、青い星、赤い星、黄色い星という4つのレイヤーで構成されています。
    まずは小さな星を作っていきます。「新規平面」を作成し、「エフェクト」→「フラクタルノイズ」を適用します。

  • 「フラクタルノイズ」のプロパティの「ノイズの種類」「コントラスト」「明るさ」「スケール」の値を下の画像のように設定します。
    今回はこの値ですが、この3つのプロパティを調整すれば、星の大きさや、数を調節できます。

  • 次にこの星に輝きを付けます。
    「エフェクト」→「グロー」を適用し、プロパティの値を画像のように設定します。

    これで小さな星は完成です。

  • 次は、青い星を作ります。
    先ほど作った小さな星のレイヤーを選択しCtrl+Dで複製します。分かりやすいようにレイヤー名を付けました。

  • 青い星レイヤーの「エフェクト」の値を画像のように変更します。
    フラクタルノイズで星の大きさと数を、グローで星の色を変更しています。

  • 青い星レイヤーのモードを「スクリーン」に変更し、青い星の完成です。

  • 赤い星、黄色い星も同様に、レイヤーを複製し、値を画像のように変更し、レイヤーのモードを「スクリーン」にして完成です。



補足 - 星を瞬きさせてみる

  • グロー」の「グローの強度」を選択し、「アニメーション」→「エクスプレッションを追加」でエクスプレッションを適用し、以下のエクスプレッションを入力します。

    小さい星・青の星用

    random(0.8,1.5)

    赤・黄の星用

    random(1.2,1.5)

    エクスプレッションの説明としては、グローの強度の値を「ランダムで0.8(1.2)から1.5の間で変化させる」という内容です。
    ですので、この値を変更すれば、瞬きの強さを変更できます。

  • 動画とモーショングラフィックスの学校BYNDバインド
  • izmaker
  • 動画とモーショングラフィックスの学校BYNDバインド
  • izmaker