Tutorial 17

空間を飛び回るような表現

  • hatebu
  • twitter
  • facebook
使用エフェクト
制作サイズ
720 x 480px
  • 背景を作成します。
    新規レイヤーを作成し、「エフェクト」→「描画」→「カラーカーブ」を適用します。

  • 次に、飛び回るパーティクルを作成します。
    新規平面を作成し、「エフェクト」→「Simulation」→「CC Particle World」を適用し、画像のように値を変更します。

  • 続いて先ほどの「CC Particle World」の「Camera」プロパティを変更し、飛び回るようなカメラアングルを作ります。
    「FOV」の値を「106.00」に変更し、それぞれのプロパティに次のエクスプレッションを書きます。

    「Distance」のエクスプレッション

    noise(time*1)

    「Rotation X」のエクスプレッション

    time*30

    「Rotation Z」のエクスプレッション

    time*30

  • これでほぼ完成しました。次はこのパーティクルに色を付けます。
    新規平面を作成し、「エフェクト」→「描画」→「4色グラデーション」を適用します。色は自由に変更して構いません。

  • 続いてこの4色グラデーションを回転させます。このまま回転させると下地が見えてしまうので、「スケール」を「200%」に変更します。
    「回転」プロパティに次のエクスプレッションを書きます。

    「回転」のエクスプレッション

    time*180

  • この4色グラデーションをパーティクルに適用させます。
    パーティクルレイヤーの下に4色グラデーションレイヤーを移動させ、4色グラデーションレイヤーの「トラックマット」を「アルファマット」に変更します。

  • 最後にパーティクルレイヤーに「エフェクト」→「スタライズ」→「グロー」を適用します。
    これで完成です。

  • 動画とモーショングラフィックスの学校BYNDバインド
  • izmaker
  • izmaker
  • 動画とモーショングラフィックスの学校BYNDバインド
  • izmaker
  • izmaker