Tutorial 32

ラインウェーブ

PS3起動画面の背景のようなラインウェーブを再現してみました。

  • hatebu
  • twitter
  • facebook
使用エフェクト
制作サイズ
1920 x 1080px
  • 新規平面を作成し、レイヤー名を「Stripe」と名づけます。

  • ライン部分の元を作っていきます。
    エフェクトの「フラクタルノイズ」を適用します。

  • 次にエフェクトの「トーンカーブ」を適用し、好みの色に変更します。

  • 「Stripe」レイヤーをプリコンポーズします。

  • さきほどプリコンポーズしたレイヤーは一旦非表示にし、新規平面レイヤーを作成し、レイヤー名を「MIR」と名づけます。
    「MIR」レイヤーにエフェクトの「Trapcode Mir」を適用します。

  • 「Trapcode Mir」エフェクトの「Texture」パラメータにある「Txture Layer」に、さきほどプリコンポーズした「Stripe コンポジション 1」レイヤーを選択します。

  • 続いて「Trapcode Mir」のパラメータをどんどん設定していきます。
    これでだいぶラインっぽくなってきました。

  • 次に動きを付けていきます。
    「Trapcode Mir」の「Geometry」の中の「Rotate X」と「Fractal」の中の「Scroll X」にエクスプレッションを記述します。

    「Rotate X」のエクスプレッション

    time*10

    「Scroll X」のエクスプレッション

    time*100

  • 流れる動きができたので、次はこれをウェーブさせます。
    「MIR」レイヤーにエフェクトの「波形ワープ」を適用します。

  • 「波形ワープ」の影響でラインにジャギーが発生してるので、それをエフェクトの「ブラー(滑らか)」を使って滑らかにします。
    これでラインウェーブ部分ができました。

  • 最後に背景を付けて完成です。

  • 動画とモーショングラフィックスの学校BYNDバインド
  • izmaker
  • 動画とモーショングラフィックスの学校BYNDバインド
  • izmaker