Basic Technique 12

フェードイン・フェードアウト

オブジェクトが徐々に現れたり、徐々に消えたりするフェードイン・フェードアウト効果は不透明度プロパティを使用します。

  • hatebu
  • twitter
  • facebook
使用エフェクト
制作サイズ
1280x720px
  • テキストが2秒かけてフェードインし、1秒かけてフェードアウトするのを作りたいと思います。
    効果を付けたいレイヤーを選択し、タイムラインを1秒(01:00)のところで「不透明度」にキーフレームを作成します。

  • 「不透明度」は「100%」が通常で、「0%」になるほど透明になっていきます。
    最初は透明の状態にしたいので先ほど作成したキーフーレムの「不透明度」を「0%」に変更します。

  • 2秒かけてだんだんと表示されるようにしたいので、2秒進んだタイムラインの3秒(03:00)のところに、「不透明度」の値を「100%」に変更します。
    これでフェードイン効果はできました。

  • 次にだんだん消えていくフェードアウト効果を作ります。タイムラインを4秒(04:00)のところで「不透明度」の値を「100%」に変更しキーフレームを追加します。

  • 最後にタイムラインの5秒(05:00)のところに、「不透明度」の値を「0%」に変更しキーフレームを追加すれば、フェードアウト効果の完成です。

  • 動画とモーショングラフィックスの学校BYNDバインド
  • izmaker
  • 動画とモーショングラフィックスの学校BYNDバインド
  • izmaker